えっちいい体験談

エッチな体験談まとめ。浮気、不倫、寝取られ、複数プレイなどのエロ話を掲載。

傷心の私に元気をくれた宿の巨根おじさん

2019/02/05

学生時代から付き合って5年。
そろそろ結婚かなと考えていた彼に理由も分からずフラれ、放心状態だった私は何となく温泉宿へ。
女の一人旅を不審に思ったのか、宿のおじさんが何かと話し掛けてきたり、近くを案内してくれたり、宿に戻ると部屋にも入ってきたりして。
本当なら鬱陶しくて気持ち悪いとさえ感じるのですが、寂しかった私は甘える感じになっていて・・・。

なかなか寝付けなかった私は真夜中に露天風呂へ行きました。
混浴なので誰かいるかと思いましたが、深夜2時ではさすがに人気はなく。
ひとり物思いに耽っていると誰かが入ってくる気配がして、その方向を見ると宿のおじさんでした。
私がなかなか上がってこないから心配になって・・・みたいなことを言うのですが、全裸のおじさんのアソコはそそり立っていたんです。
たぶん覗いていたんだと思います。

本当なら悲鳴を上げて助けを呼ぶ状況ですが、声を出さない私に安心したのか、おじさんは私の隣に来ました。

「いいお湯でしょ?今日は月もきれいですし」

そんな風に話しながら、おじさんは私の太ももに触れてきました。
そして何かと肩や背中にタッチしてきます。
まさかこんなところでと思いましたが、私は抵抗せずに触らせました。
するとその手はどんどん奥まで入ってきて、ついには私の大事な部分を触ってきました。
お湯の中で触られるのはごく不思議な感じでしたが、優しく撫で回すおじさんの指先に、私は感じてきてしまいました。
焦らすように、それでいて一番敏感な部分を刺激するように・・・。
その熟練した指先に思わず声が出そうになりましたが、唇を噛んで耐えました。

おじさんは背後から抱き付くようにして、私の足を開かせるとさらにアソコを責め、胸も揉んできました。
私は堪らなくなり、手を後ろに回して、腰の辺りをつついていたおじさんの硬いモノを握ってしまっていました。
おじさんのアレは、片手では握れないくらい太くて長くて、そしてすごく硬くて。
そのうち握ってるだけじゃ我慢できなくなって、おじさんと向き合うと自分から抱きついてキスしました。
激しく唇を吸って舌を絡めて。
自分でも信じられないくらい貪るような感じでした。

たっぷりキスをするとおじさんが立ち上がって、目の前にそそり立ったモノを突き出してきました。
私は、口に入り切らない亀頭を必死に舐め、裏筋から玉袋まで何度も舐めました。
アゴが疲れるくらい舐めると、おじさんは私を立たせて岩場に手をつかせ、バックから極太を突き入れてきました。
大きく傘が張った亀頭がグリグリと割れ目に押し付けられました。
なかなか入っていかずに焦らされるような形で、クリなどにも擦り付けられて。
我慢できなくなった私は逆におじさんを寝かせて、体重をかけるようにして上から挿入していきました。

グリグリ、メリメリ・・・。

そんな感じで私の中を引き裂くように入ってきました。
痛いような、でも気持ちいいような、もっと激しくして欲しいような複雑な気持ちでしたが、嫌な感じではありませんでした。
でもあまりの太さに上手く動けずにいたら、挿入したままおじさんが体勢を変えて上になる形になりました。
おじさんの腰使いは、とても父親と同世代とは思えないほど激しく力強く強烈なもので、何度も子宮を叩かれているうちに私は絶頂してしまいました。
何度も何度もイカされ、私は失禁し、失神までしていました。

気付くと部屋の布団の上でした。
おじさんはビールを飲んでいました。

「飲みますか?」

コップに注がれたビールを飲むと、抱きつかれ、キスされ、いやらしい手つきで私の全身を撫で回してきました。
私はおじさんのアレを夢中でしゃぶっていました。
そしてまた極太のアレで突かれました。
結局、朝まで抱き合った私たちはそのまま昼過ぎまで寝ていました。

私はおじさんの計らいで次の日も泊まることになり、他のお客さんや従業員の目を盗んでいやらしいことをしました。
おじさんのおかげですっかり元気になった私は、また来る約束をして帰りました。

こっちに帰ってきてからもおじさんのアレが忘れられない私は、毎晩思い出しながら自分でアソコを触って慰めましたが、早く会いに行けるようにと日々の生活も頑張れるようになりました。
それにしてもおじさんは、テクニックもアレもすごくて、もう普通の男性では満足できそうにありません。

恋の相手をここで探そう!
おすすめの出会い4サイト

ハッピーメール

PCMAX

ミントC Jメール

メルパラ


-女性の体験談, 温泉
-